【工場の騒音によるストレスは危ない!】身を守るための適切な対処法とは?

この記事では、こんな悩みに回答しています。

せいちゃ。

工場で働いているんだけど、騒音が酷くてストレスが溜まる…
工場の騒音って、体に悪影響ってないの?
工場の騒音を対策する方法ってないの?

この記事の内容

  • 工場の騒音がおよぼす危険な人体の影響
  • 騒音性難聴について
  • 工場の騒音から身を守る4つの対策
  • 僕が働いてる工場の騒音について

工場の作業環境はよくないことが多いです。
その中でも特に『騒音』によるストレスが大きいんですよね。

騒音がうるさすぎて、イライラするし疲れる…
でも、みんな我慢しているんだし、しょうがないのかな…

しょうがなくありません!!

工場の騒音はストレスの増加を始めとして、『耳鳴り』『不眠症』『集中力の低下』といった悪影響をおよぼします。
そして最終的には『騒音性難聴』『うつ病』『高血圧』『心疾患』を発症する危険性があります。

工場の騒音は怖い病気を発症させる元なのです。

結論

あなたが工場の騒音からストレスを感じていたり、耳鳴りなどの症状が出ているのであれば、必ず適切な対策を実施しましょう。

最も有効な対策方法は騒音のない職場へ『転職する』ことです。

転職!? すぐにはできないよ~!!

僕もそう思います。

ただ、騒音がある職場から離れて、静かな環境で働けるようにするのが、精神的・肉体的に1番効果的ですし、
早いうちに「いつでも逃げることができる」という準備をしておくことが大切です。

すると、自分の心にゆとりができて楽になっていきますよ。

それでは、本文へまいりましょう。

\\工場の騒音が耐えられないあなたへ!//

目次

危険! 工場の騒音によるストレスがおよぼす人体の影響

工場の騒音によるストレスがおよぼす人体への影響は以下の通りです。

  • 耳鳴り
  • 騒音性難聴
  • 不眠症
  • 集中力の低下
  • うつ病
  • 高血圧
  • 心疾患

など

騒音によって、ストレスが溜まるだけでなく人体に甚大な影響をおよぼします。

基本的に人間は40~50デシベル前後の音がストレスを受けずに聞いていられるのですが、工場の騒音は小さくても90デシベル以上。

そのため、多大な身体的・精神的ストレスにより不調となる場合があります。

さらに、110デシベル以上の音を2分間以上聞き続けると危険な状態に陥ることが分かっているそう。
(アメリカの疾病対策予防センターが調査)

せいちゃ。

工場内は平気で110デシベル以上の現場がたくさんあります…


ストレスが溜まっているだけの状態ならまだ安心ですが、騒音性難聴や高血圧になったら怖いですよね。

▼関連記事:【工場勤務は病む職種!?】6つの病む原因とするべき5つの対処法を解説!

恐ろしい!騒音性難聴とは?

工場の騒音が原因で騒音性難聴を発症する恐れがあります。

騒音性難聴とは、大きな騒音がする環境に長時間いることが原因で発症します。

騒音によって、耳の奥の『蝸牛』という器官の中にある『有毛細胞』がダメージを受けることで以下のような症状が発生します。

  • 耳鳴りがする
  • 耳がつまっている
  • 言葉が識別しにくい

など

現在は治療法が確立しておらず、発症するとずっと治らない場合があるので、本当に注意が必要です。
ですが、早めに受診すると症状が回復する可能性があります。

上記のような症状がある場合はなるべく早めに耳鼻科で診てもらいましょう。

工場の騒音によるストレスから身を守る!4つの対処法

『騒音性難聴』や『不眠症』にならないためにも、適切な対策をとり工場の騒音によるストレスから身を守りましょう。

工場の騒音から身を守る対処法については以下の通りです。

工場の騒音から身を守る4つの方法

  • 耳栓・イヤーマフをつける
  • 上司・同僚に相談する
  • 異動願を提出する
  • 転職する

順をおって 解説していきます。

耳栓・イヤーマフをつける

『耳栓』・『イヤーマフ』をつけて、耳をふさぎましょう。

イヤーマフとは、ヘッドホンのような形をした 防音アイテムです。
着用すると 周囲の音を遮断します。

個人的にはイヤーマフの方がしっかり騒音を遮断してくれるのでおすすめですが、
仕事をするにあたって必要な音が聞こえなくなったり、危険が迫っているときに気付かなかったりとデメリットもあります。

せいちゃ。

耳栓が無難かな~と思いますね

会社や所属している部署によって着用できない場合もあるので、作業環境を考慮し、上司や同僚に確認したうえで着用しましょう。

せいちゃ。

ちなみに、僕はうるさい現場では、
片耳のみ耳栓を着用するようにしています。

上司・同僚に相談する

「騒音によってストレスが溜まっていて困っている」と上司・同僚に相談しましょう。

相談をすることで耳栓やイヤーマフを着用してもよくなるかもしれませんし、騒音が少ない場所で仕事ができるようになったりと、あなたの作業環境を配慮してくれるかもしれません。

せいちゃ。

みんな我慢してるしな… と思わずにストレスに感じているのなら、症状が出る前に相談してみましょう。

異動願を提出する

「担当部署の現場が常にうるさくて耐えられない!!」
といった方で静かに仕事ができる部署が他にあるのなら、異動届を提出してみましょう。

せいちゃ。

このときに、工場内の騒音ストレスを感じ悩んでいます…
と理由をしっかりと伝えるのを忘れないようにしましょう。

転職する

これまで上げた三つの方法より、最も効果的なのが『転職すること』です。

騒音によってストレスが溜まると、集中力が低下することで、作業効率がおちてしまったり、常に耳鳴りがするようになってしまったりと、精神的にも肉体的にも悪い影響を与えます。

その結果、仕事で成果を残せなくなくなり、騒音性難聴・うつ病・高血圧・心疾患といった怖い病気を発症する可能性があります。

以下に当てはまる方は転職を視野に入れてみましょう。

転職を視野に入れるべき心身のサイン

  • 騒音性難聴の症状がでている(耳鳴りがする)
  • 耳栓・イヤーマフをつけることが許されなかった
  • 部署移動できなかった
  • 騒音によるストレスがずっととれない
  • 工場で働くのが嫌だ

昭和のような会社に人生を捧げる時代は終わりました。
現在は少子高齢化の影響もあってか、転職がしやすい時代となっています。

自分にあった会社・業種を選択しましょう。
自分に合っていない会社および、肉体的・精神的障害を発症する恐れがある環境で無理してまで働く必要はありません。

せいちゃ。

20代の方であれば、 異業種へ転職も現実的ですよね!
比較的、スムーズに転職できますよ!

せいちゃ。

40代以降の方は、異業種への転職は厳しくなりますが、
比較的静かな工場への 転職は全然可能ですし、
工場に関連する職業へ転職してもOKですね。

もちろん、今すぐに転職しよう!!という訳ではありません。
早いうちに『いつでも逃げることができる状態』を作っておくのが大切です。

転職できる準備をしておくと、今いる会社を辞めたとしても、他の会社で働けるといった心の余裕を作ることができます。

せいちゃ。

早いうちに『転職できる状態』を作っておくことが大切です!

\\工場の騒音が耐えられないあなたへ!//

▼関連記事:【逃げてもいい!】工場勤務が嫌だ・辞めたい人が知るべき正しい逃げ方

僕が働いてる工場の騒音について

僕自身も現在工場で働いております。

1秒間の間にいろんな機械が何10個も動いているので、かなりの騒音があります。

また、化学工場なので 塩素やグリセリンなど、いろんな薬品を扱っているので、臭いもかなりきついです。

せいちゃ。

日々ストレスが溜まっており、職場環境も良くないため、近々転職をする予定です。

まとめ/工場の騒音に耐えるのはやめましょう

工場の騒音はあなたの精神・肉体多大なストレスを与え、そのままにしておくと、『騒音性難聴』『うつ病』『高血圧』などの症状がでる可能性があります。

そうなる前に適切な対策を取りましょう。

その中で最も効果的なのが、『転職』です。

もちろん、今すぐ転職!!というわけではなく、いつでも転職できる状態を作っておくのが大切です。

せいちゃ。

転職して、騒音がある場所から離れ、ストレスフリーで働きましょう。

\\工場の騒音が耐えられないあなたへ!//

補足)工場の人間関係からストレスを感じている方へ

工場の騒音から発生するストレスによって、身体に多大な悪影響をおよぼしますが、
ツラいのはそれだけではありません!!

工場には強烈な人が多いので、人間関係でストレスが溜まりやすいんです。

工場にいる強烈な人

  • すぐにマウントをとる人
  • 常に威圧的な人
  • その日の気分で仕事に指示が変わる人
  • パワハラをしている自覚がない人
  • 根性論で乗り切ろうとする人
  • ギャンブル・風俗依存症の人

詳しくは添付の関連記事に記載してあります。

工場の人間関係にストレスを感じている人は ぜひ読んでみてください!

▼関連記事:工場勤務は頭がおかしい人が多い!~9つの特徴と5つの対処法を一挙解説~


▼関連記事:【実体験】人間関係がきつい工場の特徴3選と対策方法について解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる