工場に向いていない人の特徴9選! ~工場勤務歴7年の僕が解説します~

この記事では、こんな疑問に回答します。

せいちゃ。

「工場で働くのがツラい…自分には向いてないのかな?」
「工場勤務ってどんな人が向いてないの?」
「工場勤務に向いてないんだけど、どうしたらいいの?」

この記事の内容

  • 工場に向いていない人の特徴9選
  • 工場に向いていない…と悩んだ時の対処法
  • 僕が工場で7年間働いてきて思うこと

結論

工場に向いていないと思ったら、以下の項目を1つずつ確実に対処して、いつでも転職できる状態を作っておきましょう。

  • なぜ工場勤務が向いていないのか考えてみる
  • 自分は何が向いていて何が好きなのか考える
  • 自分にとって工場で働くメリットがあるのか考えてみる
  • 転職エージェントに登録しておく

ここまで考えて、

  

「自分には工場は向いてない…」
「他にやりたい仕事・できそうな仕事がある…」
「工場で働くメリットがない…」

このように思うのなら、他の職種に転職することをおすすめします。

せいちゃ。

考えてもよく分からない!!

そんな方も 事前準備をしておいて、いざという時に転職できる状態を作っておくことが大切です。

それでは、本文に参ります。

\\完全無料の転職エージェントを使い倒せ!!//

目次

工場に向いていない人の特徴9選

僕が思う工場の向いていない人9選は以下の通りです。

  • 工場の労働環境が過酷すぎてしんどい人
  • 汚い環境で仕事したくない人
  • 人間関係がめんどくさいと感じる人
  • 不器用な人
  • 体力がない人
  • 男性が苦手な人
  • 喫煙者が多い環境で働きたくない人
  • シフト勤務など不規則な生活をしたくない人
  • 危険な仕事をしたくない人

順を追って説明します。

工場の労働環境が過酷すぎてしんどい人

工場といえば、よく3K【汚い・キツい・危険】と言われています。

そのため、労働環境がかなり過酷なんです。

工場の労働環境

  • 作業服や顔、手がひどく汚れて、なかなか落ちない
  • エアコンが効いていなくて、かなり暑い環境で作業する
  • 油や薬品に肌が負けて、酷く荒れる
  • 作業中のちょっとしたミスが原因で大怪我をする。

汚れる・疲れる・痛いが嫌な人は工場勤務は向いていません。

汚い環境で仕事したくない人

工場で違いますが、現場は汚いところだらけです。

油やグリスでベトベトになっている場所が多く、基本的に綺麗な環境ではありません。

一方、食品工場など 清潔が保たれている場合もあります。

ただ、基本的に工場は汚いところばかりと思っていた方が良いですね。
汚い環境に耐えられない方にとっては苦痛でしかありません。

人間関係が苦手と感じる人

人間関係が苦手な人は工場に向いていません。

1人で黙々と作業できそうだからといった理由で工場を仕事に選ぶ方がいますが、
僕の経験上、集団の中で仕事をすることがほとんどで、上司や同僚とコミュニケーションをとる機会が頻繁にあります。

ちょっとしたミスでも、災害や大きな損害に繋がるので、きつく叱られたり、場合によっては行き過ぎた指導をする上司・先輩もめずらしくありません。

人間関係が苦手なのであれば、工場ではなく他の職種の方がいいですね。

もし人間関係が原因で精神的に参っているのならすぐにでも逃げることをおすすめします。

関連記事:工場勤務は頭がおかしい人が多い!~9つの特徴と5つの対処法を一挙解説~

関連記事:【実体験】人間関係がきつい工場の特徴3選と対策方法について解説!

不器用な人

工場は 細かい作業を決められた時間内に処理しないといけません。

やっていれば慣れてくる場合もありますが、本当に不器用な人はいつまでたっても上手くいきませんし、どうにもなりません。

工場では器用さを求められます。
不器用なのであれば、ずっと成長しないので精神的にキツいです。

体力がない人

工場や所属部署によりますが、基本的に現場仕事が多めなので、体力を使います。

ずっと立ちっぱなしだったり、重いものを持ったり、暑い環境で仕事したりなどの体力を使うシチュエーションが少なくありません。

体力に自身がない人や持病がある人にとって、工場勤務はかなりキツいと思います。

男性が苦手な人

工場には、女性もいますが 基本的に男性が多く男社会です。

男成ばかりなので、男くさい環境で仕事することになります。
そのため、少しのミスでも罵声がとんでくることもしょっちゅうあります。

僕自身も年上の男性が苦手でいつも身構えてしまいます。

男性が苦手な方は工場勤務はキツいと思います。

喫煙者が多い環境で働きたくない人

工場は喫煙者が多い傾向があります。

特に男性や年配者が多い職場だと、喫煙率がさらに上がります

ちなみに、僕が働いている職場は喫煙率が80%くらいあり、休憩時間にタバコを吸いに行く人がほとんどです。

僕はタバコの煙が苦手なので、喫煙所の近くを通るだけでもキツいですね。

シフト勤務など不規則な生活をしたくない人

工場、部署によっては二交代、三交代などのシフト勤務があります。

工場の中には、24時間体制でずっと稼働しているところも少なくありません。
シフト勤務となると、朝勤→夜勤→午後勤 といったふうに生活リズムが崩れます。

不規則な生活によるデメリット

  • 不健康になりやすい
  • 予定を調整しにくい

健康に働きたい、プライベートの次巻を大切にしたいといった方は工場以外の職種を探しましょう。

危険な仕事をしたくない人

工場では、危険な作業を日常的に行います。

なので、しょっちゅう怪我しますし、運が悪ければ、労災になる可能性も十分あります。
指を挟んだり、やけどしたり、体をぶつけて傷めたりすることはよくありますね。

僕が働いている工場で死亡事故が発生したこともあります。

安全な環境で働きたいのであれば、工場勤務から離れた方が良いでしょう。

工場に向いていない…と悩んだ時の対処法

ここまで解説しましたが、工場勤務には向き不向きがあります。

ここで なぜ工場が向いていないのか、逆にどんな仕事だったら良いのか を明確にしておかないと適切に対処できません。
1度立ち止まって、以下の項目を1つずつ確実に対処していきましょう。

  • なぜ工場勤務が向いていないのか考えてみる
  • 自分は何が向いていて何が好きなのか考える
  • 自分にとって工場で働くメリットがあるのか考えてみる
  • 転職エージェントに登録しておく

ここまで考えた上で、

  

「自分に工場勤務向いてない」
「他にやってみたい仕事・できそうな仕事がある」
「工場で働くメリットがない」

このように思うのなら、他の職種に転職することをおすすめします。

それでは、各項目について解説していきます。

なぜ工場勤務が向いていないのか考えてみる

向いていない理由は人それぞれですが、あなたがなぜ工場勤務が向いていないのか考えてみましょう。

労働環境が嫌なのか? 汚い場所で働きたくないのか?不器用なのか? といった感じで自問自答してください。
(先ほどの工場に向いていない人の特徴9選を参考にすると良いです。)

なぜ向いていないのか原因をはっきりさせずに、いきなり退職するといったアクションをしてしまうと必ず後悔します。
向いていない原因をはっきりさせることで、その後とるべきアクションが明確になります。

自分の好き・得意・価値観について考える

自分には何が向いていて、何が好きなのか、どんな価値観を持っているのか考えましょう。

工場勤務が自分に合っていなかったと分かれば、次に自分が進むべき方向を明確にしなければなりません。
どこに進んだらいいのか分からないと、ずっと迷ってしまいます。

自分の中の好き・得意・価値観を見つけてあげることで、どの職種を目指したら良いのかがはっきりします。

自分にとって工場で働くメリットがあるのか考えてみる

あなたがなぜ工場勤務がなぜ向いていないのか、といったマイナスの部分だけでなく、工場で働くメリットについて考えることを忘れずに。

向いていないのであれば自分に合ってる職種に転職すればいいと思いますが、
転職する=今の工場で働くメリットを捨てる。ということになります。

転職する or 今の工場で働くメリット を天秤にかけてみて、どっちが大切なのか見極めましょう。

せいちゃ。

「転職したい!!」
「転職した方がいい!!」
「工場で働いてもメリットが少ない」

と感じるのなら、思い切って転職に舵を切ってみてもいいかも知れませんね。

転職エージェントに登録しておく

転職するか迷ってる or 転職する可能性があるのであれば、転職エージェントに登録しておいて、事前準備をしておくことが大切です。

工場から離れて別の仕事したい人と思った人も、よくわからないと思った人もすぐに退職するのはNGです。

今やりたい仕事がなかったとしても、転職エージェントに登録しておくと 自分に合った求人情報を探してくれたり、キャリア相談に乗ってくれます。

さらに、どこまで使っても無料なので、利用しない手はありません。

忘れないうちに登録しておきましょう。

\\完全無料の転職エージェントを使い倒せ!!//

僕が工場で7年間働いてきて思うこと

僕が工場で7年間働いてきて思うこととして、
工場勤務の向いてる・向いてないははっきり分かれるんじゃないかなと思っています。

労働環境が特殊なので、偏りがでるのかの知れませんね。

僕は『どう戦うか。より、どこで戦うか。』が大切だと思います。

工場勤務が向いているなら、そのまま続けたらいいし、
向いていないのなら、他の職種の仕事をやってみるべきですね。

それくらい働く場所は重要です。

ただ、いきなり退職するのはダメなので、転職エージェントに登録して情報を地道に集めつつ、徐々に転職準備を進めていくといいのかなと思います。

まとめ/工場に向いていないのなら他の仕事をしてみましょう

工場に向いていないと思ったら、以下の項目を1つずつ確実に対処していきましょう。

  • なぜ工場勤務が向いていないのか考えてみる
  • 自分は何が向いていて何が好きなのか考える
  • 自分にとって工場で働くメリットがあるのか考えてみる
  • 転職エージェントに登録しておく

ここまで考えた上で、

  

「工場勤務向いてないんじゃないのかな…」
「他にやりたい仕事があるんだよな…」
「他に自分ができそうな仕事がある…」
「工場で働くメリットがないよな…」

このように思うのなら、他の職種に転職することを強くおすすめします。

いずれにせよ、事前準備をしておいて、いざという時に転職できる状態を作るところから始めましょう。

\\完全無料の転職エージェントを使い倒せ!!//

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる