【漫画好きは見ないと損します】BookLive!とは?評判/評価をレビュー

この記事では、こんな疑問に回答します。

せいちゃ。

BookLive!ってどんなサービスなの?
BookLive!の評判・口コミを知りたい
自分はBookLive!に合っているのか?
BookLive!ではどんな本が読めるの?
BookLive!のメリット・デメリットを知りたい!
BookLive!の登録方法って?解約方法は?

結論

  • BookLive!はクーポンが豊富であるから他の電子書籍サービスより安く購入出来る。
  • BookLive!では、日替わりで15,000冊以上も無料で本が読めるから、電子書籍を試しやすい。
  • 『フォロー機能』『自動購入機能』といった便利機能が優れている。

では、BookLive!について簡単にまとめましたので説明していきます。

\\漫画をお得に読むならBookLive!//

目次

BookLive!をおすすめする人・しない人

BookLive!をおすすめする人

  • 低価格で電子書籍で本を読みたい人
  • 主に漫画を電子書籍で本を読みたい人
  • いろんなジャンルの本を読みたい人
  • Tポイントを利用している人

BookLive!は他の電子書籍サービスと比べ、クーポンが豊富で安く電子書籍を購入することが可能です。

読めるジャンルについては100万冊以上と多く、主に漫画を中心にバランス良く構成されています。

本の購入時にTポイントが貯まったり利用出来るのでお得なサービスとなっています。

BookLive!をおすすめしない人

  • Macやkindle端末で本を読みたい人
  • 主に雑誌を電子書籍で本を読みたい人

Windowsやandroid、iPhone、iPadなどのほとんどの端末はBookLiveアプリ対応に対応しているのですが、
MacとKindle端末はBookLiveアプリを使用できません。

Macはブラウザでは問題なく読むことが出来ますが、ネット環境が必要なのと読みにくいので、kindle unlimitedをおすすめしています。

▼関連記事:【まだkindle unlimited 使ってないの?】料金とkindleとの比較

また、雑誌のラインナップは少なめです。
雑誌をメインに電子書籍を読みたいのなら、BookLive!以外のサービスにしましょう。

BookLive!の基本情報

BookLive!の基本的な情報について解説していきます。

BookLive!とは

BookLive!とは、従量制の国内最大級の電子書籍サービスであり、ストアとアプリの連携が良いため、使いやすい電子書籍ストアNo.1に選ばれています。(2018年10月度調査)

読めるジャンルについては、漫画および小説を中心にバランス良く構成されていますが、雑誌は少なめなので注意しましょう。

BookLive!は無料で15,000冊以上の本を読むことが出来るのが嬉しいポイント。気軽に試すことが出来ます。

本の購入時にTポイントが貯まったり使用出来るので、Tポイントユーザーには嬉しい点ですね。
先月の購入金額によってTポイントの還元率が変動し最大3%も還元されます。

BookLive!の料金体系

BookLive!は購入した本の費用のみを支払う電子書籍サービスです。

なので会員登録料および月額料金は不要です。

一点注意点として、普通に購入してしまうと紙の書籍よりちょっと安くなる程度になってしまいます。
しかし後述しますが、BookLive!ではクーポンを利用することで他の電子書籍サービスより安く購入することが出来ます。

BookLive!の安全性

BookLive!は株式会社BookLiveが運営していて、印刷大手凸版印刷株式会社の子会社です。

東証一部上場の大企業が親会社なので個人情報が流出したり、サービスが突然修了したりするのは考えにくいでしょう

上記のことからBookLive!は安心して利用出来ますね。

BookLive!を使ってみた僕の評価

ここが悪かった

クーポンを使わないとそんなに安くならない

BookLive!はクーポンを利用して安く本を購入することが出来ますが、

裏を返すとクーポンを使わないと他の電子書籍サービスと比べて割高になりがちです。

クーポンに有効期限が短い

BookLive!はクーポンの有効期限が短いなぁと感じました。

会員登録時に貰える50%OFFのクーポンは登録後24時間以内に使う必要があり、
1日1回にクーポンガチャで貰えるクーポンはその日の23:59までに使用しないと失効します。

ここは有効期限を長くしてほしいですね。

ここが良かった

クーポンを駆使してかなり安く本が買える

BookLive!は会員登録時に50%OFFのクーポン、友達紹介時は双方に20%OFFのクーポンが配布されるなどクーポンが貰える機会が多いため、かなり安く本を買えるのが良い点です。

また、1日1回クーポンガチャが引けます。悪くても10%OFF、最大50%OFFのクーポンが貰えるのがお得だなと思いました。

Tポイントが貯まる・使える

BookLive!では、本の購入時にTポイントが貯まります。また 貯まっているTポイントを使うことが出来ます。

僕は Tポイントをファミマ、ヤフーショッピングなどで日常的に利用しているので、ここがBookLiveのいいところだなと感じました。

なお、Tポイントの還元率は0.5~3%となり、先月の購入金額によって変動します。

BookLiveの評判/メリット5選

BookLive!の主なメリットを5選 抽出しました。

  • 日替わりで15,000種類以上の本が無料で読める。
  • どんな本でも激安セールがあるのでマジで安く購入できる。
  • クーポンがあまりにも豊富
  • 5台まで同じアカウントを共有して利用することが可能
  • 『フォロー機能』『オート購入機能』といった機能が優秀

順に説明していきます。

日替わりで15,000種類以上の本が無料で読める。

BookLiveでは漫画の1巻目がメインですが、15,000種類以上の本を無料でかつ会員登録なしで読むことが出来ます。

ラインナップは時期によって変わりますが、人気作品から懐かしい作品まで幅広く配信されているのは良心的ですね。


関連記事:【無料で漫画読み放題!】BookLiveは約17,500冊が無料で読めます


どんな本でも激安セールがあるのでかなり安く購入できる

定期的に激安セールが行われており、割引率が50%OFFから、場合によっては90%OFFまで割引率がかなり高いです。

時には、人気作品が割引の対象になっていたりする場合もあるので、他の電子書籍サービスよりかなりお買い得に本を買えちゃいます。

クーポンがあまりにも豊富

新規登録時に50%OFFのクーポンが貰えたり、友達を紹介すると自分にも友達にも20%OFFが配布されたりと、クーポンが頻繫に手に入ります。

また、最大50OFFのクーポンが当たる1日1回クーポンガチャを引くことが出来ます。
最低でも10%OFFのクーポンが貰えるのがGoodポイントです。

5台まで同じアカウントを共有して利用することが可能

電子書籍を使う時、
「外出先ではスマホやタブレットで本読むけど、家ではPCで本を読みたい」
という方のために5台までは同じアカウントを複数の端末で共有出来ます。

5台までと台数制御があるのがデメリットに聞こえますが、5台もあれば十分なので問題ありません。

『フォロー機能』『オート購入機能』といった機能が優秀

BookLive!には『フォロー機能』と『オート購入機能』といった機能があります。

『フォロー機能』とは、好きな作品または作者をフォローしておくことで、その作品や作者の新刊のお知らせおよび、セールのお知らせを受け取ることが出来ます。

僕はこの『フォロー機能』によって、「買い逃した……」といったことがなくなるので、助けられています。

『オート購入機能』とは、漫画と雑誌が対象です。
設定しておくと新刊発売時にオートで購入してくれます。

『オート購入機能』を適用していれば、本の買い忘れおよび購入時の手間を省けるので便利なんです。

僕自身もめんどさがりなので、一部の漫画に使用しています。

BookLiveの評判/デメリット4選

BookLive!の主なデメリットを4選抽出しました。

  • Mac用のアプリがない
  • クーポンの使用期限が短い
  • 縦読み・自動送りなど一部欲しい機能がない。
  • Tポイント還元率が悪くはないが良くもない

こちらも順を追って説明します。

Mac用のアプリがない

Windowsやandroid、iPhone、iPadなど ほとんどBookLiveアプリに対応しているのですが、MacはBookLiveアプリに対応していません。

safariなどのブラウザで読むことは出来ますが、Macユーザーは他の電子書籍サービスを使った方が無難です。

クーポンの使用期限が短い

会員登録時に50%OFFのクーポンが貰えるのですが、登録後24時間以内に使わないと消滅します。
また、1日1回、クーポンガチャで貰えるクーポンはその日の23:59までに使わないと消滅します。

クーポンの割引率が高いですが、その有効期限が短いことに注意が必要です。

自動ページ送りなど一部欲しい機能がない。

他の電子書籍サービスでは、よくある自動ページ送り機能がBookLiveにはなく、スワイプや矢印をクリックしないと行けません。

他にも、縦読み機能など他のサービスにはある便利な機能がないのがマイナスポイントです。

Tポイント還元率が悪くはないが良くもない

Tポイントの還元率が0.5~3%と先月の購入金額によって変動すると解説しました。

還元率が悪い訳ではありませんが、そこまで良いとは言えません。

BookLive!の口コミ

良い口コミ

クーポンでかなり安く買えるのがいい。

マンガが多い

kindleより使いやすい

好きな作品、作者の新刊やセールをお知らせしてくれる『フォロー機能』が良い

読んでいる本を自動的に購入してくれる『オート購入機能』が気に入っている

良い口コミは無料で読める本が多かったり、クーポンで安く買うことが出来る、
BookLiveの機能が便利で良いといった意見が多かったです。

悪い口コミ

50%OFFのクーポンがなかなか出ない

Tポイントの還元率が良いとは言えない

購入した本を並び替える機能がないので、後から買った本は捜しにくい

悪い口コミはポイントの還元率に関するものが多かったです。

例)BookLive!で読める本

BookLive!ではこんな本が読めます。

少年漫画

  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • ドラゴンボール
  • ONE PIECE
  • など40,000冊以上

少女漫画

  • ホリミヤ
  • 「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます
  • ヲタクに恋は難しい
  • 花より男子
  • など40,000冊以上

ラノベ

  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
  • 転生したらスライムだった件
  • 蜘蛛ですが、なにか?
  • ようこそ実力至上主義の教室へ
  • など30,000冊以上

小説

  • 半沢直樹 アルルカンと道化師
  • 下町ロケット
  • ノルウェイの森
  • 春の海
  • 図書館戦争シリーズ
  • など60,000冊以上

ビジネス書

  • エッセンシャル思考
  • ファクトフルネス
  • 自分を操る超集中力
  • 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ
  • 独学大全
  • など30,000冊以上

雑誌

  • FRIDAY
  • 週刊アスキー
  • Mac Fan
  • 週刊東洋経済
  • など5,000冊以上

BookLive!の無料登録&解約方法

BookLive!の無料会員登録方法および、退会方法について説明します。

BookLive!の無料登録方法

1.BookLive!のサイト内にて、の無料会員登録を選択する。また下部の【ログイン会員登録】を選択

2.はじめての方はこちら の『会員登録(無料)』を選択する。
(今回はこちらをメインで解説します。)

他にも、YahooIDやLINEID、FacebookID、AppleIDで登録することも可能です。

3.メールアドレスを入力して、【会員登録メールを送信】を選択する。

4.”仮登録メールを送信しました” と表示されると、入力したメールアドレスにメールが届く

5.メールのURLからBookLiveのサイト内に入り、パスワード、ニックネームを入力して、【同意して確認画面に進む】を選択する。

6.【会員登録を完了する】を選択したら登録完了

BookLive!の退会方法(アプリ・ブラウザ共通)

1.▢枠の人型マークおよび、一番下の方にある【マイページ】を選択する。

2.マイページの少し下の方にいくと、ユーザー設定の中にある【退会】を選択する。

3.【退会申請】を選択する。

4.本人確認のためのパスワードを入力して、次へを選択する。

5.【退会】を選択する。

6.”退会手続きが完了しました”と表示されると退会が完了する。

BookLive!の使い方

BookLive!での購入方法

購入方法は、

  1. 自分で本を検索する。
  2. ジャンルから探す。

と2通りあります。
欲しい本が決まったら購入するという流れになります。

1.自分で本を検索する。

虫眼鏡マークを選択すると、文字を入力することが出来ます。


例えば、『鬼滅の刃』と入力すると、

このように検索結果が表示されます。

2.ジャンルから探す。

少年・青年マンガや少女・女性マンガ、ラノベ等の全9ジャンルから本をさがすことが出来ます。

ジャンルごとに〈予約受付中〉、〈あなたにおすすめ〉、〈無料作品コーナー〉、〈ランキング〉と分けられていて、本が非常に探しやすくなっています。

3.購入する

購入画面では 試し読みする。購入する。カートに入れる。フォローする。といったことが出来ます。

欲しい本はここで買ってしまいましょう。

少し気になっている本については まず試し読みをしてみましょう。

ちなみに、決済方法についてはこちらの記事で詳細に解説しています。

▼関連記事:BookLive!の決済方法は16通り!~1番お得な購入方法とは?~

BookLive!の読み方

本を読んでいる際は、タッチやスワイプ、音量ボタンでページをめくって本を読みます。

便利機能として、

しおり・マーカー機能で気になった部分をマークおよびメモが可能です。そのマーク・メモをした箇所にジャンプすることも出来ます。

他には検索機能や夜間モードと便利な機能が他の電子書籍サービスと比較して多いです。
僕は漫画を主にBookLifeで読んでいるのですが 機能性が良いため、読みやすくて快適ですね。

他の電子書籍サービスと比べる。kindleとの比較

Amazonのkindleと比較してみました。

BookLive kindle
取扱品数 100万冊以上
漫画多め
ありすぎて不明
ビジネス書多め
漫画少なめ
ポイント制度 Tポイント(0.5~3%) Amazonポイント
セール 1日1回クーポンガチャ
新規登録時に50%OFFクーポン
来店ポイント
割引あり
日替わりセール
週替わりセール
割引・ポイント還元率UP
無料で読める本 15,000冊以上 1000冊程度(Amazonプライム会員であること。)
読み放題サービスの有無 なし あり(kindle unlimited月額980円 200万冊)
支払い方法 クレジットカード
BookLive!専用プリペイドカード
auかんたん決済
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
BitCash
楽天Edy
モバイルSuica
Google Pay
三省堂書店店頭決済サービス
など
クレジット
ドコモ払い・spモード決済
auかんたん決済・auWALLET
Amazonギフト
など
運営会社 株式会社BookLive
(親会社は印刷大手の凸版印刷株式会社)
Amazon

BookLive!は漫画が多く、Tポイントを利用することが出来て、クーポンが豊富なので本にかかる費用を抑えられるといった特長があります。
15,000冊もの本が無料で読めるのがいいですね。

対してkindleはビジネス書が多めでAmazonポイントが貯まる利点があります。
Amazonプライム会員(月額500円)になっていれば約1000冊の本が無料で読むことが出来ます。

また、kindleストアには『kindle unlimited』という200万冊の本が月額980円で読み放題になるサービスがあり、
200万冊の本が読み放題になることでビジネス書や小説、ラノベなどいろんなジャンルの本を気軽に読むことが出来ます。

価格を抑えて本をたくさん読みたい人には『kindle unlimited』を使ってみましょう。

▼関連記事【まだkindle unlimited 使ってないの?】料金とkindleとの比較

またkindle unlimitedは1ヶ月無料or2ヶ月299円のみの利用も出来ますのでお試しで使ってみてください。

▼関連記事:【お試し期間だけで辞めてヨシ!】kindle unlimitedのお試し期間を使いこなそう!

マンガはBookLive、ビジネス書はkindleといったふうに 読みたいジャンルによって使い分けてもいいですね。

kindleよりBookLiveをおすすめする人

  • Tポイントユーザー
  • 漫画を読みたい人
  • 本の費用を安く抑えたい人
  • まず無料で本を読みたい人

BookLiveよりkindleをおすすめする人

  • Amazonユーザー
  • ビジネス書を読みたい人
  • kindle端末で本を読みたい人

となります。

まとめ

BookLive!は、

  • 低価格で電子書籍で本を読みたい人
  • 主に漫画を電子書籍で本を読みたい人
  • いろんなジャンルの本を読みたい人
  • Tポイントを利用している人

におすすめです。

電子書籍サービスの中では取り扱い点数が多く、
幅広いジャンルの本を読むことが可能です。

また、『フォロー機能』『自動購入機能』など便利機能が多く、
15,000冊もの本が無料で読めてしまうので、気軽に電子書籍を試すことが出来ます。

まずはBookLiveで無料で本を読んでみて使い心地を確認してみてください。

\\漫画をお得に読むならBookLive!//


関連記事:【無料で漫画読み放題!】BookLive!は約17,500冊が無料で読めます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる